図書あんない
back
報告書一覧表

公益財団法人印旛郡市文化財センター
発掘調査報告書のご案内
(平成27年5月1日現在)



第344集 千葉県佐倉市井野長割遺跡(第1次・2次)発掘調査報告書   新刊図書

井野長割遺跡(第1次・2次) (千葉県佐倉市)

頒価2,000円・重量1115g 2015年3月刊行

縄文時代に構築された「環状盛土遺構」を今に残す国史跡井野長割遺跡!!
今回の報告書は、昭和44年の遺跡発見後間もない昭和45年及び48年〜49年に実施されたマボロシの第1次・第2次調査の報告書です!!
およそ200ページにわたる出土遺物実測図、96ページにわたる写真図版、18次を数える調査を踏まえて、最初の調査を考察した画期的な内容です!!
今、井野長割遺跡が問い直される!!
縄文時代後・晩期研究者必携の書が、2,000円とお買い得!!



325集 社会資本整備総合交付金(住宅)委託(埋蔵文化財整理その2)

尾上木見津遺跡(第2・3地点) (千葉県印旛郡酒々井町)

駒詰遺跡(第2〜7・9地点) (千葉県富里市)

頒価3,500円・重量2490g 2014年3月刊行

下総地域を代表する奈良・平安時代の大集落佐倉市高岡大山遺跡の上流部に位置する集落を調査したものである。遺構の検出数は竪穴住居跡が63軒、古墳が3基、掘立柱建物跡が18棟と少ないものの、古墳時代中期には集落と墓域それに祭祀遺構が営まれ、多数の初期須恵器などが出土した。奈良・平安時代は南北に配列された掘立柱建物跡群、その周囲に竪穴住居跡群、そして古墳時代に築造された円墳を用いて祭祀行為が実施された可能性が想定されるなど特徴的な様相が認められる遺跡である。出土遺物には完形の二彩椀、三彩の陶枕と思われる破片、それに多数の緑釉陶器や緑釉陶器の素地などがみられる。墨書土器も約300点、朱墨土器も16点と朱墨土器の出土量としては県内有数のものと思われ、集落の性格を含め、高岡大山遺跡との関係が推測される印旛地域の重要集落である。
(本文編 490頁、写真図版編 158頁)



印旛郡市文化財センター研究紀要7

頒価900円 ・重量470g 114頁

*曽谷式と安行1式の間

 -佐倉市井野長割遺跡と周辺遺跡出土土器群の検討-········· 小倉和重


*縄文中期の黒曜石原産地と石器組成の一様相

 -四街道市所在遺跡の黒曜石原産地推定結果から-

        ··············· 小倉和重・杉原重夫・金成太郎・入江千晶


*宮内井戸作遺跡における堀之内1式土器の系統·················· 川島裕毅


*弥生時代後期初頭の撚糸文土器について

 -印旛沼周辺を中心として- ··········································· 根本岳史



印旛郡市文化財センター研究紀要8

頒価1,000円 ・重量625g 160頁

*関東の北方系細石刃石器群

 -成田市キサキ遺跡4地点の再検討と関東の最新成果- ····· 橋本勝雄


*縄文時代中期、阿玉台式後半期の諸様相

 -千葉県四街道市南作遺跡の分析を通じて- ····················· 小倉和重


*縄文時代中期末から晩期の住居形態にみる南関東の東西差

 -神奈川と千葉の事例を中心に- ····································· 川島裕毅


*四街道市川戸下遺跡出土ガラス小玉鋳型の再検討 ··············· 酒巻忠史・喜多裕明


*印旛郡域内出土の石枕について ········································ 根本岳史



印旛郡市文化財センター研究紀要9

頒価1,000円・重量447g 106頁

*本ノ木型尖頭器総論

 -槍と植刃器のかかわり- ············································· 橋本勝雄


*紐線装飾文系壺に見る加曽利B式期の社会構造

-大形壺の文様系譜と用途、分布から- ·························· 小倉和重


*武蔵地域と下総地域における柄鏡形住居の受容比較 ··········· 川島裕毅


** 申し込みの際は、必ず問い合せ下さい **

☆振込・問い合わせ☆  平成23920日より下記住所へ移転しました。

〒285-0814
千葉県佐倉市春路1−1−4
公益財団法人印旛郡市文化財センター
Tel  043(484)0126
Fax  043(485)9871
郵便振替先 00120-7-105962


back