NEWS&TOPIX


公式動画チャンネルはこちら

【展示】
【遺跡発表会】
【発掘調査】
【360°VR動画】

【展示中の遺物】 抽象文土器(成田市水神作遺跡)

 縄文時代中期(約4500年前)の勝坂式土器の深鉢で、人とも蛙とも区別がつかない装飾(抽象文)が施されています。眼鏡状の突起で頭部(目)、そこから2本の粘土紐を縦に貼り付けて胴部、そこから左右に1本ずつ粘土紐を貼り付けて腕部がそれぞれ表現されています。

▲ページトップに戻る